ぴろしき日誌

「ぴろしきーず」の近況や今後の活動予定等を書き込むブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

少しずつ力になる。

三人よればなんとやらといいますし(=゚ω゚)ノ



霧島敦也です。




色々なことに手をつけて、わからないながらもこの世界を努力しているぴろしきーずではありますが……。

少しずつ!
本当少しずつとはいえ、力が付いていっているのを感じます!


うちらの強みは人数!

人数が多いからこその面倒事もあるけど、頭が多ければ多いほど考えは良い方向にまとまっていくのです!



一人で考える結果なんて、所詮一人よがりのものでしかない。



多人数で否定と肯定を繰り返した考えならば、それは最も理想に近い真実であろう。



ちょっとかっこよく決めてみましたw





我々ぴろしきーずは現在、phantom thief the companyへようこそ!の最終巻である3巻を目標に頑張ってます!

きっと過去最高の出来となるでしょう!


一つ一つ積み重ねていけば、それは必ず最高のものとなります!


宣伝もたくさんやっているので、皆さん、よろしければ次もお手にとってくださいませー!




次はコミケでお会いしましょう!!

受かればね!


いや、受かるよ!
信じれば必ず受かるさー!!




運命なんて金魚すくいの網より薄く脆い、か……。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/11(木) 18:26:39|
  2. 霧島敦也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物を売るって大変。

特に中古形態って……。




霧島敦也です(=゚ω゚)ノ





中古商品を扱うのって大変ですよね。
まず、お客様から商品を買い取るというところから始まり、それを値段をつけて、改めて売る。

こんな文字で書くと単純ないくつかの作業なのに、本当に大変。


そもそも、商品を買い取るっていう段階がまず難しい。


お客様も、慈善事業なワケじゃないので、何も言わずおいて行ってくれるわけじゃない。
当たり前な話ですね。

置いていってもらえるに値する、対価を払う。


対価……つまり、それはお金。



お客様の満足の行く対価=お金を払うことで、ようやくそれを買い取ることができる。




そして今度はそれを、価格をつけて商品として売る。


その価格付けってのがまた難しい。



商品を買ってもらうには、商品の満足度(小売なので、この点はどうしようもない)と、それに付随する価格の二点が、一定水準以上に満たした時、初めて買ってもらえる可能性が生まれる。




まぁぶっちゃけた話中古なので、買取額より下回らなければとりあえず黒字は生まれます。
そこの点の難易度は限りなく低くなると思います。


しかしまぁ、そこはそれ。
粗利を取らないといけないので、限界ギリギリのラインで価格を高くしないといけません。



高すぎても駄目。

低すぎても駄目。



なんとまぁ難しいさじ加減なんでしょう。




こういう値段設定の時、今は便利な世の中ですから、ネット相場を調べます。
相場を見て、この辺りだという自分の感性で値段をつけていくわけです。



自分の場合は、なるべくお客さんに来てもらいたい、知ってもらいたいという理由から、かなり強気に安く設定します。

もちろん粗利率は低くなりますが、その代わり、リピート、もしくは、安い店という評価を得られます。



自分がいちばん大事にしたいのはこの部分。
お客様との信頼関係で成り立ってる商売故に、来てもらうというのは必要不可欠。


だったらば、粗利率を削ってでも、安く売るということが大事なのかと。



そうすることで、回転率が上がるんですよね。




売れる商品は、それだけ買い取りも多くなります。




なので、粗利率が低くても、沢山買い取って、沢山売ればいいだけの話なのです。





……ま、理想論ですけどね(;´∀`)





そんな商売観念を、なんとなく学び。
なんとなく自分の活動にも生かせないかと、日々模索しております。

売る=知ってもらう。


ここまでの過程に、何があろうとも、売れなければ意味がないのだから。






まぁそれはまたいつか書く時までのネタにw
  1. 2015/06/06(土) 03:10:28|
  2. 霧島敦也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経験値のお話。

ちゃんと馬小屋に泊まってますか?w



霧島敦也です(=゚ω゚)ノ




こういう世界、何事も経験値が必要ですよね。

いや、こういう世界に限定しなくたって、何かをする際には経験値ってやつがこの上なく活用される。
それは小さいことから大きなことまで、どんなことにも経験値ってもんが存在します。

某有名RPGでスライムを倒すともらえる経験値だって、例え少ない経験値だとしても、その経験値には無限の可能性が広がっているんですよ!


……まぁそれは言い過ぎかもしれませんがw




とにかく、経験値ってやつは人生を活かす為に必要不可欠なものなんですよね。


多分、無駄な経験値なんてないですよ。

無駄かと思っている経験値はおそらく、単純に使いこなせていないだけ。



経験値ってやつは面白い。
ただ蓄えていけば実になるものでも、利用できるものでもないんですよね。

それを、理解して、使えるかも?という発想と、使う勇気……。


これだけの仮定を踏まえて、ようやく生きるもの。


どれだけの人が経験値を無駄にしているか……正直なところ、未知数です。



先に書いた通り、どんな小さな経験値だって経験値な訳ですから。
馬鹿にせず、ちゃんと向き合うことが大切です。



これまた某有名RPGのレベルアップのシステム、宿屋に泊まるは本当に理にかなっていると思いますw

経験値を得ても、それをどう活かすかゆっくりと考える時間がなければレベルアップには繋がらないってことです。





だから寝とけって話(;´∀`)
  1. 2015/06/03(水) 08:55:23|
  2. 霧島敦也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方向性の話。

音楽性の違いで解散……はよくある話w


霧島敦也です(=゚ω゚)ノ



この1年間、ぴろしきーずの活動をしていて、色々と方向性をどうしようか考えたものです。
サークルの根幹の部分もそうだし、作品の種類というかテーマ性といいますかね。

元々、芝居をやる人たちが集まって練習の意味が強くて結成されたグループですから、明確な方向性が決まっていないわけですよ。
サークルとしての売りになる部分の方向性が。

当初は物を書ける自分が、インスピレーションの赴くままに書いていたものをやってみようっていう、ある種適当なサークルだった訳ですがw
2年もやってれば、その辺は徐々に精査されていくわけです。

……というよりも、自分等で真剣に向き合って精査していった訳ですが。


お客さんは何を求めているのか?


お客さんは何を聴きたいのか?


はたまた、お客さんは何だったら聞いてくれるのか?




まぁ正直なところ、こっちが聞いて欲しいなんていう代物は、大概我侭で自己中心的でどうだっていいガラクタ。
第一に考えなければいけないのは、お客さんが何だったら聞いてくれるのか?ってところでしょう。

実際のところ、お客さんは何が聞きたいのか?を一番考えたいところですが、まだまだ一般のお客さんはこの界隈、いないといっても過言ではないということを最近学んだので、それはまだ考えるべきじゃないなと思いました。


本当に今明確にすべきは、一般のお客に聞いてもらえる、立ち止まってもらえるものを作る。

隙あらば、自分の欲求もしっかりと反映させていく。


難しいバランスだけど、この2つをしっかりとさせないと碌なものにならねぇ。
聞いてもらえるように配慮しなけりゃ聞いてもらえないし、自分の書きたいことを書けてない作品なんて聞きたくもない。



自分の書きたい駄文をただ作品にしたって、響きやしねぇんだよ。





それをいつでも胸に刻んで、作品に取り組む。







こういう方向性を決めていけるのはやっぱり、サークルという仲間がいるから。
自分一人でも辿り着けるかもしれないけど、それはいつになるかも分からない。

意見を沢山出し合っていけば、必ず正しい方向性が見えてくるもんです。



これからも、自分たちの信じる方向性を見据えて、頑張っていきます(・ω・)ノ
  1. 2015/05/31(日) 09:59:53|
  2. 霧島敦也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静止していた時間の中で。

ブログではお久しぶり♪

ぴろしきーず、霧島敦也です(=゚ω゚)ノ


今年の春は忙しかった……。

もとい。


今年の春“も”忙しかったね(;´Д`)


やはりこういう活動していると、M-3がある春と秋は鬼門だね……。
分かっちゃいたのだが……。
更には霧島敦也の一人芝居なんてもんを作ろうってなもんだから、いつも負荷をかけまくっている自分ではありますが、今回はそれが倍増してしまったような気がします。

結果的に、良い物が作れてよかったのだけど……。

その反動のせいなのかどうなのか、イベント終わったあとのほぼ一ヶ月間、まるで何も手に付かない状態に(´・ω・`)
なんかもー、とにかくやる気がおきなかった。
だめ。
無気力状態。

……これは所謂、燃え尽き症候群というやつなのだろうか(;´∀`)


さすがに台本はおろか、レポートもまともに書けないとは思わなんだ。
自分の人生の中で、ここまで動けなかったのは珍しいかもしれん。

まぁ、こっちの活動があまりにも忙しすぎたせいで、おろそかになっていたバイト先の仕事のツケを今払っているというせいもあると思うが……。
いつもは平気で残業して(ただ働き)やってるものを、イベント前は完全にぴろしきーずのことしかやってなかったからね。
とはいえ、仕事終わった後なんだから、それが当たり前なんだけどさw
全く……仕事の両立は大変やで('A`)

しかしまぁ、いつまでもこのままではダメだよね。


とにかく、自分の中の止まっている時計は、いつだって自分しか動かせないのだから。


去年までは自分の意志とは無関係に、ただただ時が無意味に過ぎていく全自動式だったけど、今年からは完全手動に切替えました。
きっかけは突然。

だけど、きっかけを作ったのは自分。


いつまでも同じ輪っかの中じゃ、つまらないもの。

おかしくなっちゃうもの。


多分その反動もある。
急激に変化する世界に、対応しきれてないだけの可能性もある。

……ま、そこはそれ。
明るく、5月病ってことにしておこうw



とはいえ、止まっている時の中でも、何もやっていないわけではない。
これからに繋がる回答や道はなんとなく手にしている。

少しづつ、形にしていこう。




さて、遅くなったけど、新年度の自分は、今ここからスタートなのです☆


ファイトだよ!




たまには真面目な話を(=゚ω゚)ノ
  1. 2015/05/23(土) 16:09:21|
  2. 霧島敦也
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぴろしき君

Author:ぴろしき君
さーくる「ぴろしきーず」です♪
ぴろしきーずとしての芝居の活動を随時報告!
HPはこちら♪
http://pirosikis.web.fc2.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (22)
ぴろしきーずの活動 (52)
休日 (28)
カプリ (174)
高坂裕美 (9)
永鳴憲助 (17)
らぶ☆ちょこ (22)
もんぴー (1)
霧島敦也 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。